大人気韓国ドラマ【秘密の森】の最後のドンデン返しが凄すぎる!※ネタバレあり

最初に

 

大まかなあらすじや登場人物についてはこちらの記事を参照してください

 

韓国で大人気だったサスペンスドラマ「秘密の森」で見るMBTI+完全無料で見る方法!

 

この記事では終盤にフォーカスした内容の記事になりますので、ネタバレが嫌な方は戻るボタンをポチッと押してください

 

全話を見た感想

 

全16話の秘密の森を只今、すべて見終わった感想は

 

面白かった

 

この一言に尽きるかと思います

 

 

最後の犯人

 

黒幕は検事長です

 

しかし、検事長が殺人を犯した理由が視聴者をいい意味で裏切ります

 

彼は、自分なりの正義を貫こうとした結果、殺人を犯したことを認めており、その殺人を行う右手として

 

ユン課長を使います(ユン課長は子供をバスの事故で亡くし復帰したばかり)

 

本当にこのドラマがよく出来ているなと思ったのが

 

ユン課長の過去と検事長が立ち上がるタイミングからすべてが緻密に計算されているという所です

 

 

まず初めに、検事長が殺人を犯した理由は腐りきった業界の不正を正すためであり、自分の過ちを隠すためではないということです

 

小銭を稼いで食事もロクに出来ないおばあちゃんを窃盗罪で拘束し、その反面夜になればHANZOの社長(義父)と夜の街で散財する

 

この矛盾に耐え切れなくなった検事長は、すべてを暴こうと緻密に準備をし始めます

 

いわゆるスパイというやつですね

 

途中までは検事長ゴミじゃねぇかと思いますが、最後になってみればすべて自分なりの信念があったんだと気づかされます

 

検事長は、義父やその他不正を行う者の証拠を集めた後シモクにすべてを託し飛び降り自殺します

 

話をまとめますと

 

検事長は最初から世の中に蔓延する不正を暴くために証拠を着々と集めていた

 

その中で、ユン課長は自分の子供が会社の管理責任の不十分で殺されたこと、またその会社がなんら処分を受けていないことに憤りを感じ

 

その元凶ブローカーであるパク・ムソンを殺害した

 

殺害した後、どうすればいいかわからなくなったユン課長は次長(検事長)の所に行き、世の中に蔓延する不正を正したいという検事長の強い信念に心打たれ

 

検事長の手足となり世の中の悪事を暴くきっかけとなったということになります

 

パク・ムソン殺人事件は結果的に世の中の不正を隠すための第一歩の事件ではなく、世の中の不正を暴くための第一歩な事件になったわけですね

 

 

犯人や殺人動機のまとめ

まとめてみると

 

パク・ムソンを殺害した人 ➜ ユン課長 (理由:会社の不正を見逃した罪

ミナを半殺しにした人 ➜ ユン課長 (世の中に不正が蔓延していることを世の中に知らしめるため&不正を働いたものの摘発)

ユンスを殺した人 ➜ HANZOの社長(検事長の義父)理由:自社の脱税記録を持ったファイルを所持していたため殺害

 

ということになるます

 

 

秘密の森のすごい所

最終話まで見ると、いかに検事長がシモクを信頼していたか見て取ることが出来ます

 

知らず知らずの内にシモクの力になれるような人物を上司に当てたり、最後はシモクが自分を追い詰めた所で証拠をすべて吐き出して死ぬという緻密な計画

 

HANZOグループ社長の婿として、何不自由なく人生を謳歌していたからこそ、この内部告発は意味があるんだと遺書で書き残した検事長

 

殺人というリスクを犯してもなお、不正を正したいという強い正義感(ここは議論の余地がありますが)

 

しかしよく考えてみれば検事長は誰一人人を殺していません

 

まずパク・ムソンですが、これはユン課長の単独犯行で事後に検事長は知ることになるのでこれも検事長は事実関係ありません(ユン課長を隠したことは事実ですが)

 

唯一、関わりがあるのはミナ(ガヨン)ですがミナも意図的に生かしておいたのでこれも殺人になりません

 

 

ユンスを殺したのは義父なのでこれも検事長とは関係ありません

 

シモクにはすべて自分の犯行だと言い切りましたが、検事長は実際人を殺すようなことはしていないのです

 

濡れ衣を着せられる覚悟で自分は死に、すべてシモクに託して飛び降りる検事長

 

検事長の弱みが発生した根源はそもそも義父なので、検事長もある意味被害者と言えます

 

パク・ムソンは下請けをさせてくれと頼みこみ、検事長はそこでHANZOグループの会社を紹介したわけですが(ここまでは問題ない)、これが実は脱税のためのダミー会社

 

検事長もそのことについて知りませんでした(検事長の優しさが裏目に出たという感じですね)

 

悪いのはそうです、全部HANZOグループの社長なのです!w

 

脚本もそうですし、キャスト俳優陣すべてが豪華で中々見ごたえのある作品だったなと思います!

 

2020/01/01の時点でU-NEXTから全話無料で見ることが出来るので気になる方はぜひ見てみてください!(無料トライアル期間中のみ)